サバゲーの装備、服装、フィールド、ルール等の総合情報サイト

おにっちのサバゲー研究室

エアガン・ガンパーツ

ホロサイトとドットサイトの違いとは|それぞれの特徴を解説

2020年3月15日

最近ぶっ放してますか?
サバゲーマーのおにっちです!

ホロサイト&ドットサイトはサバゲーやシューティングではもちろんのこと、警察や軍隊でも欠かせない装備となっています!

この記事を読んでいるということはホロサイトとドットサイトの違いについて調べているのではないでしょうか?

ということで、まず初めにこのページの結論から言っちゃいます

実物のホロサイトの方が実物のドットサイトよりもタフに使えて実戦向き

比較内容をまとめた表がコチラ
比較する内容 実物ホロサイト 実物ドットサイト
レティクル(光の点)の仕組み レーザー LED
レンズの割れ、雪・泥・雨の付着時 使用可能 使用不可
サイトを斜めから覗いた時の命中精度 変化なし 低下
電池寿命 約1000時間 約50000時間
ハイマウントに変更 しにくい しやすい
実物の価格帯 約10万~20万円前後 約10万~20万円前後

解説をする前にひとつの前提があります。

実物のホロサイトと実物のドットサイトを比較する

という前提です。
「実物って何?」と思った方にかんたんに説明すると、

  • 実物は警察や軍隊で正式に採用されている正規品。価格は10~20万円前後
  • レプリカはサバゲーで多く使われている1万円以下くらいの製品

となります。

では話を戻すと、ホロサイトの方がドットサイトよりもタフに使える理由は次の通り。

理由:ホロサイトとドットサイトでは仕組みが根本的に違うから

 

上の画像がホロサイトと内部の画像です。

 

 

これがドットサイトでは仕組みです。

これだとちょっと分かりにくいので、初心者さんにもわかりやすいように超かんたんに説明すると

ホロサイトはレーザーでレティクル(光点)を映している

ドットサイトはLEDでレティクル(光点)を映している

超ざっくりとした説明になります。しかし、大きな違いはレティクル(光の点)が『レーザーかLEDか』です。(他にも細かい仕組みの違いはありますが、ここではややこしいので省略)

ホロサイトの方がドットサイトよりも耐久力がある

ホロサイトのレンズに傷や泥、雪が付いたとしてもレティクルは映ります。仮にホロサイトの銃口側のレンズが割れたとしてもレティクルはきちんと映ります。

しかし、ドットサイトではレンズの傷や割れ、汚れがあると使用ができなくなります。

ホロサイトの方がドットサイトよりも耐久力が高いから、戦地に赴くアメリカ軍で正式に採用されたということは簡単に想像がつきますね。

ホロサイトの方が狙いやすい理由


出典:Photo Credit: Staff Sgt. Osvaldo Equite

  • ホロサイトは斜めから覗き込んでもレティクルの場所に必ず弾が跳んで行く
  • ドットサイトを斜めから覗き込むとレティクルと違う所に弾が跳んで行く

このように両者の狙いやすさで大きな違いがありますが、これも構造上の違いによるものです!


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Reflector_sight

斜めに覗き込むというのはこの動画のようなイメージです。そのため適当に頬付けをして斜めから覗き込んでも、ちゃんといつでもレティクルの位置に弾が跳んで行きます。

つまり、スムーズな索敵&発砲が求められる実戦においては、ホロサイトの方がドットサイトよりも命中率で優位に立てるということになります。
だから米軍で正式に採用されているんですね!

ドットサイトの方がホロサイトよりも電池寿命が長い

ドットサイトの電池寿命が50000万時間以上なのに対し、ホロサイトの電池の使用時間はおおよそ1000時間前後とされています。

その差はなんと50倍。
電池の寿命という点ではドットサイトの方が優れていますね!

ドットサイトの方がマウントの高さ調整をしやすい


※ドットサイトをハイマウントにしている例

ホロサイトの場合はマウント部分が固定式のみになりますが、ドットサイトの場合はマウントリング式とマウント固定式の二種類。

つまりわかりやすく言うと、ドットサイトの方がホロサイトよりもマウントの高さの調整がしやすいということ


※サバゲー中の管理人 in OPERATION(大阪府)

上の画像では、頬付けしやすいようにハイマウント化して使用しています。サバゲーでフェイスマスクを使うのであれば、ハイマウントがおすすめです。ドットサイトと銃をつないでいるパーツをマウントと呼び、それを高く設定することができるマウントをハイマウントと呼びます。

その理由は、ハイマウントでなければ頬付け時にレティクルと視点が合わないことが多いからです。視点が合わない原因はフェイスマスクの厚みが邪魔になっているから。ノーマルのマウントの高さではどうしても合わないのです。

サバゲーマーがフェイスガードを使う場合は、ハイマウントを取り付けて視点がレティクル(光点)とまっすぐに合うように高さのセッティングをして使っています。

ホロサイトの使い方

ホロサイトを使えば誰でも素早くかんたんに標的に弾を当てることができます。

ホロサイトを覗くと見えてくる光の模様(レティクル)を標的に合わせて、あとは引き金を引くだけ。

アイアンサイトなどの原始的な仕組みの照準器(※)に対して、ホロサイトは標的にレティクルを合わせるだけでOKなので誰でも簡単に素早く狙い撃つことができます!(※照準器・・・標的に狙いをさだめる時に使うパーツ)

ホロサイトはサバゲーのような近距離戦でとても便利な照準器です!スコープや望遠鏡のように何倍かに拡大されて映るわけではないんですね、つまり倍率は等倍(1倍)です。

サバゲーではホロサイトやドットサイトといった光学照準器がとても便利だから必須の装備と言えます。その理由は、サバイバルゲームを有利に運ぶことができるから。

ホロサイトの扱いに慣れてくると、相手を見つけて銃を構えたその瞬間にはもうすでに狙いが定まっています。あとはトリガー(引き金)を引くだけ。これでかんたんに素早くHITが取れます。

一方でアイアンサイトはけっこう練習が必要になります。

だからサバゲー初心者がホロサイトやドットサイトといった光学照準器を使えば、断然ヒットが取りやすく楽しみやすいからおすすめですよ。

【実物】EOTech社のホロサイトはこれ!

そもそもホロサイトはアメリカのEOTech社という会社が米軍向けに開発した光学照準器になります。米軍や警察などでも正式に採用されている、いわゆる『実物』というやつです。

上で紹介した「EOTECH 512」というホロサイトの中でも有名な製品は、現地アメリカの価格で479ドル(約5万円)位、そして日本だと大体8万円くらいで販売されています。(高ッ)

一方で、通販サイトで見かける『ホロサイト〇〇タイプ』の表記はレプリカ製品であることを表しています。この『ホロサイトタイプ』と呼ばれるレプリカ商品の中身の構造は実はドットサイト。外見だけホロサイトということです。

こうすることでコストを大幅に落とすことができるから、本来なら高価なホロサイトをかなり安く販売することができています。そのおかげで手に入れやすい価格のレプリカのホロサイトが販売されています。

ここでレプリカのホロサイトを少しご紹介。

【レプリカ】サバゲーで人気のホロサイト553タイプ

人気のEOTECH553のレプリカ。小型で軽いので機動性にこだわる方に便利です。最低限の性能は備えられているのでサバゲーでガンガン使えるし初心者でも手に入れやすい価格です。Amazonレビューでは高評価が多く寄せられています。

管理人のひとこと

強いて難点を挙げるとすればレンズが少し暗く感じることでしょうか。しかし、レンズが少し暗く感じるというのは実物、レプリカ問わずホロサイト全般に言えることなのでいわゆる『仕様』です。それでもホロサイトを使っているユーザーが多いのは特に大きな問題ではない証拠だと言えるでしょう。

【レプリカ】ホロサイトのブースターなら等倍⇔3倍の切り替え可能

EOTECH552ホロサイト&3倍ブースターセットのレプリカです。フリップサイドマウントがついているので、等倍⇔3倍の切り替えがとてもスムーズ!これひとつあればあらゆる交戦距離でプレーすることが可能です。「オードパワーオフ機能」付きで電源の切り忘れもなくて安心。

管理人のひとこと

近距離と長距離、どちらにも対応できるのはゲームを有利に運ぶことができます。見た目もカッコいい!しいて難点を挙げるとすれば銃が重くなってしまうことでしょう。しかし、交戦距離を近距離から遠距離までとにかく幅広く対応したい!という方にはメリットが大きいアイテムだから、重さと言うデメリットがあまり気にならないと思います。

ホロサイトをM4に載せる時の位置を検証

後ろ

M4やカービン系の電動ガンにホロサイトを載せる時、前に載せる派と後ろに載せる派でわかれますよね!

それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるのかについて、サバゲーガイドで徹底的に調査してみました!

【取り付け位置:後ろの方】の場合のメリット・デメリット

メリット

目との距離が近いのでレンズが大きく見える。だから見える範囲が広くなる。エアソフトガンを構えた状態でホロサイトを覗き込む角度が少し変わったとしても、レティクル(光点)を見失いにくくなる。

デメリット

目からの距離が近いのでホロサイトの本体や枠も大きく見えてしまう。それによって視界を邪魔する範囲も広くなってしまう。

【取り付け位置:前の方】の場合のメリット・デメリット

メリット

目との距離が遠いからホロサイト本体や枠が小さく見える。だから視界を邪魔する範囲が少なくなる。

デメリット

目との距離が遠いからレンズやレティクル(光点)が小さく見えるようになってしまう。エアソフトガンを構えた状態で目とホロサイトの角度がぴったりと合わないとレティクル(光点)が見つけられず、素早く狙い定めることができない。

M4でのホロサイト位置のまとめ

ホロサイトをM4の前の方の位置に取り付ける場合は、『正しく構えて狙って撃つ』という基本的な射撃の動作に慣れている必要がありますね。

ということで、サバゲーガイドは次のような結論にいたりました!

ホロサイトの位置まとめ

  • 初心者は後ろの方の位置がおすすめ
  • 中級者以上は前の方の位置でOK!

とはいえ最終的には好みの問題だから、初心者であっても前の方の位置に載せる方がカッコ良くて好きだと思う人は前の方に載せちゃいましょう。

初心者さんがホロサイトを前の方の位置に取り付けても、しばらく練習すればきっとすぐ慣れますよ。装備をいろいろ模索しながらカスタムも楽しんでいきましょう!

乱視の人は注意!裸眼だとホロサイトのレティクルがボヤけるかも...

ホロサイトは複雑な光学技術を応用しているため、乱視の人が裸眼でレティクル(光点)を見るとにじんだりぼやけて見えたりします。

しかし、乱視の人でも乱視用メガネやコンタクトを使えばある程度はくっきり見ることができるという報告が上がっています。

だから乱視の人は眼鏡やコンタクトをつけてホロサイトを使いましょう。

【チェック方法】ホロサイトの故障or目の乱視

もし、すでにホロサイトを持っていて、レティクル(光点)がボヤけて見えているけど、ホロサイトの故障か自分が目が乱視かの判断がつかない場合もあると思います。

そういう時はホロサイトのボヤけているレティクル(光点)をスマホのカメラで撮影してみてください。

裸眼で見た時にボヤけていたはずのレティクル(光点)が、スマホカメラの画面でくっきりきれいに写っていればあなたの目は残念ながら乱視です。

逆に、あなたの目にはボヤけて見えていたレティクル(光点)が、スマホの画面でもボヤけて写っていればホロサイトの故障です。

どっちも嬉しくないw

とまぁ、とにかくレティクルがぼやけて見える原因のひとつに乱視がある、ということだけ覚えていただければと思いますっ!

ちなみに裸眼や視力の低下が原因で、メガネとゴーグルを併用しているサバゲーマーも少なくないです!

そこで必ずテーマになってくるのがゴーグルのレンズの曇り

サバゲーガイドではメガネユーザー向けにメガネに対応しているサバゲー用ゴーグルおすすめ8選!選び方も解説という記事で、曇り知らずの眼鏡対応ゴーグルのみを厳選して紹介しています。

もし、メガネに対応している曇り知らずのゴーグルを探している方はぜひ読んでみてください。

【メガネと併用できる】サバゲー用ゴーグルおすすめ8選【曇らない】

メガネ装着可能なゴーグル探し中 メガネと併用できるゴーグルが知りたい メガネとゴーグルを合わせて使うとめちゃ曇る! 度入りのゴーグルってあるのかな? こういったことでお悩みではないでしょうか? サバゲ ...

続きを見る

EOTECHのホロサイトがなくなる説【欠陥発覚】

2000年代の中頃、EOTECH社のホロサイトが低温や湿度の影響でレティクル(光点)がズレてしまう問題が徐々に発覚していきました。

どれくらいズレるかを検証した結果、『約 91 メートル離れた距離から撃った場合、 狙った場所から約15~30cmズレてしまう』というもの。

戦場で人の生き死にがかかっているから相当シビアな精度が求められていたホロサイト。しかし、EOTECH社はこの重大な欠陥をなんと黙認してアメリカ政府との再契約をしてしまいます。。

そのことが後々の調査で発覚したことで、当然アメリカ政府はスーパー激おこ。EOTECHは詐欺の疑いでアメリカ政府に訴訟される事態に。。

2015年末、最終的にはEOTECH社がアメリカ合衆国に対して約 31 億円の和解金を支払うことで和解しました。ちなみに2001 年~2015年までのEOTECHのホロサイトの売上は約 29 億円。んで和解金が約31億円。

ホロサイトの売り上げ29億。
アメリカ政府との和解金31億。

2億足りない\(^o^)/

とはいえ、ぶっちゃけ欠陥についてだけど、サバゲーで使う分には問題のない範囲だし、『実際にレティクルがズレた!』といった報告は国内では聞いたことがないです。

結局のところ、EOTECHの実物ホロサイトは日本で人気のある光学照準器であるというのが今の現状です

サバゲー用のホロサイトをAmazonでチェック

大手通販サイトのAmazonでは多数のホロサイトを販売中。

ホロサイトを実物・レプリカ問わず全て見てみたいという方はAmazon公式でホロサイトを要チェック!

Amazonでホロサイトを見る

ホロサイトのおすすめ5選も要チェック!

当サイトではホロサイトのおすすめ5選を紹介しているページを公開しています!

どのホロサイトを選べばいいのか、また実物かレプリカで迷っているという方に向けて、本当におすすめできる商品を厳選しているのでよければ参考にしてみてください。

【これ買い!】ホロサイトのおすすめ5選!【サバゲー初心者に最適】

皆さま、ごきげんよう。 管理人のおにっちです! サバゲーフィールドでは多くのプレイヤーがホロサイトやドットサイトといった光学照準器を装備して参加していますね。 サバゲー初心者が対等の条件でサバゲーに参 ...

続きを見る

まとめ


出典:http://raptureguns.com/optics

ここで最後に実物のホロサイトと実物のドットサイトの比較表をもう一度確認してみましょう。

ホロサイト(実物) ドットサイト(実物)
レティクル(光の点)の仕組み レーザー LED
レンズの割れ、雪・泥・雨の付着時 使用可 使用不可
サイト斜めから覗いた時の命中精度 変化なし 低下
電池寿命 約1000時間 約50000時間
ハイマウントに変更 しにくい しやすい
実物の価格帯 約10万~20万円前後 約10万~20万円前後

いかがだったでしょうか。
このページを読んでホロサイトとドットサイトの違いが少しでも伝われば幸いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

-エアガン・ガンパーツ

Copyright© おにっちのサバゲー研究室 , 2020 All Rights Reserved.